他人事ではない!インターネット社会における誹謗中傷対策とは

ある日突然、騒動が勃発するかもしれない恐怖

インターネットの発達で、物事が大変便利になった反面、今まで考えもしなかったようなトラブルに見舞われる可能性も増えました。その一つがいわれのない誹謗中傷です。何かあっても誠心誠意対応すればいいのでは、と考えるかもしれませんが、実はこういった問題の原因になるのは、悪意をもった人だけでなく、何らかの善意に基づいて行動している人がいることも少なくありません。では、どうやって対処すべきか、状況に応じて説明したいと思います。

悪意を持った人が原因ならば厳正な対応を

言いがかりや逆恨みで誹謗中傷をしてくる人への対策は、徹底的に冷静な対応をしてください。第一に、誹謗中傷の書き込みといった証拠を押さえて警察に相談します。たとえその場で特別な対応して貰えなかったとしても、相談したという事実が後々重要になるのです。また、インターネット上の書き込みなどを削除してもらう場合、警察の介入が重要になってくるので、尻込みせずに相談しましょう。相談先は、近所の交番ではなく、地方の警察署に設置されているサイバー犯罪対策室といった、専門のところに相談することが望ましいです。第二に、WEBサイトなどを所有している場合は、警察の指示に従いつつ「それらは誹謗中傷であり、現在警察に相談している状況である」といった告知します。こうすることで誹謗中傷を事実と誤認する被害を防ぐのです。注意したいのは、書き込みが行われている掲示板等に、自分から書き込みをしないことです。渦中の人物が現れると相手のみならず愉快犯が参画し状況を悪化させかねないので、怒りたい気持ちを抑えて控えましょう。

善意の人によって誹謗中傷される?!

事態がより悪化しやすいのは、善意の人が誹謗中傷を行っているケースです。このパターンは更に細分化され、悪意のある人の誹謗中傷を見聞きした結果、よかれと思って情報を拡散してしまうものや、勘違いなどによって自ら情報を発信してしまうものなどがあげられます。前者はいわゆるデマと呼ばれるものに扇動されてしまった状態ですが、インターネットの世界では特に発生しやすい上、情報が流布される速度が早くその進行を食い止めることが大変に難しい問題です。このような場合は、とにかくその誹謗中傷は誤りであるということを理解して貰うことが重要です。対処法としては、まず発生原因を特定してから、WEBサイトなどで明確に否定することがおすすめです。この時、誹謗中傷されたことを非難するような態度をとらず、お騒がせしていることを謝罪するような姿勢を見せた方が、善意の人々の正しい認識を呼び、協力を得やすくなります。ただし、あまりに問題の規模が大きい場合は、やはり警察に相談して対処方法を検討することをおすすめします。

2ちゃんねる削除をするには方法がありません、運営に言っても無駄です、そこでメールアドレスにsageと入れて、大量に投稿することによりスレッドを消費させ、倉庫入りになり有料でなくては見れなくなる方法です